VIO脱毛 痛い

VIO脱毛は痛いの?

 

脱毛しようと考えたときに、
いきなりVIOラインからはじめる人はあまりいないでしょう。

 

なので、VIOラインの脱毛にとても興味を持っているということは、
すでに脱毛を経験した人なのかも知れませんね。

 

脱毛を経験済の人でも、
VIOラインの脱毛にちょっと躊躇してしまう場合があります。

 

それは、一般的に「VIO脱毛は痛い」といわれているからです。

 

脱毛するときの痛みは、
良く「輪ゴムでパチッとはじいたような痛み」と表現されます。

 

一般的な部位でもそうなのですから、
VIOラインの脱毛はもっと痛いと言われたらためらってしまうのも当然でしょう。

 

思ったよりも痛みが軽かったと口コミしている人の共通点としては、
「もっと痛いと思って施術に臨んだ」というものが多いです。

 

かなりの痛みを想像していたら、
実際にVIO脱毛を体験したらそうでもなかったという感じですね。

 

VIOライン脱毛の痛みを軽減させるためには?

 

VIOラインの脱毛の利点は多数ございます。

 

単純に見た目がキレイになるだけではなくて、
デリケートゾーンの臭い対策にもなります。

 

しかし、それでもできるだけ痛みを感じないで
VIOライン脱毛をしたいと思うのが人情でしょう。

 

どのようにすれば感じる痛みを軽減できるのかについてまとめてみました。

 

・生理前後の施術は避ける

 

そもそも生理になるとVIOラインの脱毛をしてくれない場合が多いです。

 

経血が出なくなっていればOKですが、
できるだけ生理の前後も避けるようにしてください。

 

個人差はありますが、生理前後や生理中は
いつもよりも肌が敏感になっていて、痛みを感じやすくなっているのです。

 

・体調不良時の施術は避ける

 

生理の前後もそうですが、
体調がすぐれないときには脱毛を諦める勇気も必要かも知れませんね。

 

風邪をひいていたり寝不足だったりすると、
肌がいつもよりデリケートになっています。

 

普段よりも痛みを感じやすくなることでしょう。

 

せっかく予約を入れたのにもったいないと感じることもあるでしょうが、
痛みが辛くて途中で脱毛を断念するのでは意味がありません。

 

普段から体調管理は万全にしておくのがベストですが、
当日にキャンセルしてもペナルティーがつかないサロンで施術しているのなら、
無理しないことも大切でしょう。

 

・施術部位の保湿を怠らない

 

乾燥した皮膚は、健康な皮膚よりも痛みを強く感じるようです。

 

日常的に施術部位の保湿を心掛けることが大切です。

 

入浴後にクリームやローションを塗っておくと良いでしょう。

 

ただし、デリケートゾーンのIOラインは、
基本的に一般的な保湿クリームは使えないので、
Vラインだけということになります。

 

デリケートゾーン専用の保湿剤もあるようですから、
これらを試すのも良いでしょう。

 

以上をふまえて、デリケートゾーンの脱毛に臨んでみてください。

 

それから、思ったより良い方法は、
これまでの人生でいちばん痛い経験を思い起こしてみることです。

 

出産したことがある人は、
陣痛の痛みを思えば、たいていの痛みは我慢できるはず。

 

出産経験がない人でも、
転んで血が出たことくらいはある人がほとんどでしょう。

 

そのときの痛みに比べたら、何のこれしき!と思うと、
結構痛みを我慢することができますよ。

 

ミュゼ 一宮のページはこちらです。